過去の記事一覧

  • 古物営業法[第6条] 許可の取消し

    最終更新日2013年11月7日 (許可の取消し) 第六条 公安委員会は、第三条の規定による許可を受けた者について、次に掲げるいずれかの事実が判明したときは、その許可を取り消すことができる。  [第三条の規定による許可]   古物商の営業の許可、古物市場主の営業の許可 一 偽りそ…

  • 古物営業法[第5条] 許可の手続及び許可証

    最終更新日2013年11月7日 (許可の手続及び許可証) 第五条 第三条の規定による許可を受けようとする者は、公安委員会に、次に掲げる事項を記載した許可申請書を提出しなければならない。この場合において、許可申請書には、国家公安委員会規則で定める書類を添付しなければならない。 […

  • 古物営業法[第4条] 許可の基準

    最終更新日2013年11月6日 (許可の基準) 第四条 公安委員会は、前条の規定による許可を受けようとする者が次の各号のいずれかに該当する場合においては、許可をしてはならない。 一 成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの 二 禁錮以上刑に処せられ、又は第三十一…

  • 古物営業法[第3条] 許可

    最終更新日2013年11月6日 (許可) 第三条 前条第二項第一号に掲げる営業を営もうとする者は、営業所(営業所のない者にあつては、住所又は居所をいう。以下同じ。)が所在する都道府県ごとに都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けなければならない。 [前条第二…

  • 古物営業法[第2条] 定義

    最終更新日2013年11月6日 (定義) 第二条  この法律において「古物」とは、一度使用された物品(鑑賞的美術品及び商品券、乗車券、郵便切手その他政令で定めるこれらに類する証票その他の物を含み、大型機械類(船舶、航空機、工作機械その他これらに類する物をいう。)で政令で定めるも…

  • 古物営業法[第1条] 目的

    最終更新日2013年11月6日 (目的) 第一条 この法律は、盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的とする。 ===== 【コメント】 法令の目…

  • 質屋を営業するには

    質屋を開始するときは、営業所ごとに、その所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。 なお、質屋の営業内容は、質屋営業法第1条で次のように定義されています。 物品(有価証券を含む。)を質に取り、流質期限までに当該質物で担保される債権の弁済を受けないときは、…

  • 行政書士の生きる道とは

    「街の法律家」行政書士の生きる道とは……… とのテーマを与えられ、 LEC中野本校で、7月29日13時〜 実務家講演会を行います。 話す内容はまだ決めていませんが、 「生きる道」を熱く語ってきます!…

  • invalid plugin detected.Adobe Reader will quit

    たまに、新しいソフトをインストールすると、 「invalid plugin detected.Adobe Reader will quit」 と表示がされて、「Adobe Reader」が強制終了する現象があります。 今回は、おそらく「SkyPDF」をインストールして、その現象…

  • ケンタッキー食べ放題

    ケンタッキーの創業記念日に行われた、食べ放題に行ってきました! その内容は……… ・制限時間45分 ・参加費1,200円 ・オリジナルチキン+ポテト+ソフトドリンクを食べ飲み放題 あまり情報の…

    • 2012.07.04

アーカイブ

カテゴリー